--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016年12月14日 (水) | Edit |
皆様こんにちは。
「科学の学校」丸山です。


本日12月14日の実験をもって
本年度の科学の学校2学期が終了いたしました。


この1週間は学期末恒例の
「お楽しみ実験」
が各教室で行われました。


普段の体系だったテーマではなく

生徒とクラス担当の先生が相談して
自由なテーマを設定し
実験や工作を行います。


前職が調理関係だった私のクラスは
必然的に
「食べ物実験」
と称して
調理実習のようなお楽しみを行う事が多いです。


なんといっても育ちざかりの子供たちですから、
「今日は食べ物作りです!」
などと発表すると
やはり受けがよいのです。


今回も例にもれず


滑らかプリン
手打ちうどん
ティラミス
ぜんざい(もち米を炊くところから!)

手打ちうどん滑らかプリン 


などを
生徒さんたちと作りました。

こうするんだよーと
説明しながら一緒に作業していると

小学校2年生クラスのある生徒さんがこう言いました。


「今日は料理教室やな。全然科学関係ないな!」




そんなことはありません。

私は料理の中心は「科学」である
と思っています。


卵がゆで卵からケーキにまで七変化できるのは何故か

うるち米は付くとべちゃべちゃの糊になるのにもち米はもちになるのは何故か

こねてカチコチになったうどん生地を休ませるとやわらかくなるのは何故か


こんな風に考えていくと
どうですか?


やっぱり「科学」でしょう。


彼が科学の学校で知的好奇心を育み、
そんな風に物事を見られるようにしてあげたいたい所です。



とはいえあくまでも学期末の
「お楽しみ実験」

楽しく作っておいしくいただく!
試食時間の笑顔を見て

「ま、今日くらいはこれでいいか」
と思ったりするのでした。
スポンサーサイト
2013年12月12日 (木) | Edit |
緑色のホットケーキ


紫キャベツ・朝顔・なす・ブルーベリーなど、紫の植物に多く含まれる
色素であるアントシアニン。じっけんではとても活躍する存在です。
(アントシアニンさまさまです。)
酸性は、中性は、アルカリ性はに変色します。

今回はこの性質を利用して緑色のホットケーキを作りました。
作り方はカンタン。ホットケーキミックスに紫いもパウダーをたっぷり入れて焼くだけ。

ホットケーキミックスに含まれるベイキングパウダー(弱アルカリ)が
紫いもパウダーに含まれているアントシアニンに反応して緑色に変色。
あまりおいしそうとは思えないホットケーキが出来上がりました。
でも味は普通のホットケーキと同じで、いもの味もしませんでした。

紫いもパウダーの代わりにブルーベリーを入れて焼きましたが
緑ではなく灰色ぽく?なりあまり変色しませんでした。

また同じ原理で”緑色の焼きそば”を作りました。
焼きそばの麺に使われるかんすい(アルカリ性)が
紫キャベツに反応して緑になりました。
その後レモン汁を入れて赤色に!
これが実験界でいう”カメレオン焼きそば”です。

カメレオン焼きぞば


じっけん自体はカンタンで美味しいので人気があるのですが
アントシアニンはたいへん身近な存在で奥が深いです。
今度じっくり調べてみたいです。
(小学生には難しいかもしれませんが)
オススメ参考HPです。

宮崎大学農学部応用生物科学科植物遺伝育種学研究室
藪谷勤教授のHP



2011年08月08日 (月) | Edit |




夏休みの宿題に提出しなければいけない理科実験

何かとお困りの方も多いでしょう。

そんな方に一つおすすめの工作

それが「イライラ棒」です。



[続きを読む...]
2010年12月15日 (水) | Edit |



長年、実験を行っていると、子供たちが共通して持っている

本来の本能(?)・欲求(?)・欲望(?)が垣間見られます。

そのひとつが「まぜる」という行為です。


実験で色のついた水溶液がたくさんあると生徒たちは必ずっていいほど

「先生、まぜてもいい?」

と聞いてきます。


[続きを読む...]
2010年12月10日 (金) | Edit |



小1のじっけんも2学期は今日で最後!

今日のおたのしみ実験は、生徒の希望で

「緑色の焼きそば」を作りました。

「きもちわるい」「たべてだいじょうぶなの?」などの声もありますが

心配ご無用!大丈夫です。

まずなぜ焼きそばが緑色になるのかを説明しましょう。


[続きを読む...]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。