--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2017年01月09日 (月) | Edit |
皆様こんにちは。
「科学の学校」丸山です。


成人式が全国各所で催され、
多くの学校は3学期を明日に控えているようで、
2017年が本格的に始まったという雰囲気を感じております。





新たな年を迎え何か新しい習い事でも…
という皆様にお知らせです。


「科学の学校」では1・2・3月の各日曜日に
新年度に向けた説明会を実施します。


お子様に2テーマ、9種類の科学実験を体験していただきます。
その後、科学実験の意義、授業方針、授業内容やシステムの説明をさせていただきます。


日程やお申込みなど、詳しくはホームページに記載させていただいております。


たまご


問い合わせフォームも用意しておりますのでお気軽にお問合せ下さい!

スポンサーサイト
2016年11月30日 (水) | Edit |
皆様こんにちは。
「科学の学校」丸山です。


少し更新が滞ってしまいました。。


というのも


去る11月25・26・27日に
India Expo Center(インド・デリー)にて

WRO世界大会が開催され

「科学の学校」ロボサイエンスから
「チーム真剣(GACHI)」が出場しておりました!


それに伴い学校長の布柴先生はチームの監督として
インドへ!渡航しておりました。


彼らの現地での活躍は改めてお伝えできればと思います。
現地からのライブ感たっぷりの動画はFacebookにて再生していただけます!



とはいえ京都ではもちろん通常通り開講しておりました。
布柴先生不在の大きな穴を埋めるべく奔走する1週間となりました。。




さて12月まで残す所数時間。
あっという間に2学期も終了間近です。


夏にもお伝えした通り、「科学の学校」では生徒さんの長期休暇には
「特別実験」としてイベントを行います。

全ての実験は1回完結、
普段「科学の学校」に通っておられない皆さんもご参加いただけます。


クリスマスの飾りつけにぴったりなインテリア作りや
先ほど話題に挙げたロボット体験などを鋭意計画中!

数日中にホームページにて詳細をアップしますので
是非ふるってご参加下さい! 
2016年10月05日 (水) | Edit |
こんにちは。
「科学の学校」丸山です。


台風18号の接近に伴い、本日の実験は休講とします。


水曜日のクラスの生徒さん並びに保護者の皆様には
すでにお知らせした通り、

振替日は調整休講日である11月2日(水)となります。
時間割りはいつも通りですので宜しくお願い致します。


以下ご参考まで

午後二時現在、京都北部に暴風警報が発令されるに留まっており、
日本海側を北東に進んでいるそうです。

夕方以降の強い風・雨に注意との事です。

生徒さんはお休みをこれ幸いと外に遊びに行っても
早めに帰宅して下さいね。
2016年07月20日 (水) | Edit |
前回申し上げた通り、先週いっぱいで1学期が終了しました。


例年通り無事に実験を締めくくることができホッと胸をなでおろすとともに
ご尽力下さった先生方、温かく見守って下さった保護者の皆様、

そしてなによりいつも元気に実験に励んでくれた生徒たちに感謝です。


さて1学期が終わったとはいえ

夏休み!

とは参りません。

科学の学校の夏といえば。。

「夏の特別実験」です!

普段の授業よりも倍以上、たっぷり時間をとって、
さまざまな楽しい実験や科学工作を準備しております!

実験のラインナップや参加申し込みに関してはリンク先からご覧いただけます!


もちろん私もいくつかの実験を担当させていただきますので、
たくさんの方のご参加を楽しみにしつつテキスト作りに励んでおります!

普段『科学の学校』に通っていない子どもたちも参加できますので、
ぜひこの機会にふるってご参加ください!
2016年05月15日 (日) | Edit |
永らく更新していなかった科学実験ブログ。

もちろんその間も子供たちとの楽しい実験教室は開かれていました。


また少しづつ、実験模様などを伝えさせていただこうと思っております。


今日はそんな中の一コマを。

GW明けから、小学校4年生の生徒たちは「三態変化」に関する実験をしています。


三態とはものの状態、つまり固体・液体・気体の三つのことをいいます。


ある一つのものは、そのものの温度を変えることで

三態を行き来させることができるというわけです。



身近なものでは氷などがあります。
氷とは「液体」の水を「0度以下」まで冷やすことで「固体」にしたものです。
反対に「0度よりも高い温度」まで温めれば氷はとけて水になるというわけです。


そんなの知ってるよ!


と子供たちの声が聞こえてくるわけですが


この日扱ったのは






塩を液体にする実験です。


生徒は自分で考えたアイディアを試してみます。

まずはアルコールランプで温めてみますが、塩は少しもとけません。


実は塩が液体になるには801度という高熱になる必要があります。

次に強力なガスバーナーを使い加熱を再開



生徒は隕石みたい!とテンションUP

時間はかかりましたが今度は塩を液体にすることに成功!



この塩の液体、どれくらい熱いのでしょうか。



マッチを近づけさせてみます








なんとあまりの熱さでマッチが点火されました

身近な存在である塩にも子供達をワクワクさせる科学がありました。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。