--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014年02月05日 (水) | Edit |
京都市長表敬訪問


昨年12/24WRO世界大会2位の報告のため

門川京都市長へ表敬訪問しました。

実際ロボットや動画・写真などを使って市長に大会の様子を説明し、

ロボットの完成度の高さに大変驚いておられました。

市長に「勉強だけでなく、ロボットや科学などに

一生懸命取り組まないといけない。」

と言っていただきました。

表敬訪問2


スポンサーサイト
2013年11月29日 (金) | Edit |
WRO2013関西大会優勝!!(23チーム中?)

しかし日本大会はパーフェクト出来ず屈辱の4位。

この時点で大幅なロボットの変更を余儀なくされました。

大きな変更点は”内周り”から”外周り”



内周りロボットとは内側の箱を沿って動くロボット。
外周りロボットとは外側の壁を沿って動くロボット。



ルールを考えれば普通多くの人が”外周り”ロボットを作ると思います。

しかし人とは同じ事をしたくないとの生徒のポリシーで

”内周り”ロボットを作製。

関西大会では最高タイム30秒で優勝でした。

(”内周り”ロボット)




しかし日本大会では”内周り”不利なサプライズルールが出題。

得意なスピードが生かせず、不完全燃焼な4位!!

完全にあきらめムードでしたが世界大会に選出され、

1からロボットを作り直すチャンスがもらえました。


初めは”内周り”に固執していた生徒たちも、

色々な検討すると”外周り”の方が有利だと判断。

”外周り”ロボットを作成し、最高タイム12秒にまで

スピードUPできました。

(”外周り”ロボット)




もし全国大会でいい結果が出ていれば

この変更はしていなかっただろうと生徒たちと

一緒に振り返っていました。

追伸:

世界大会ではほとんどは”外周り”ロボットでしたが

昨年度中学部門で優勝したタイのチームは

”内周り”と”外周り”のロボットを両方持って来ていました。

(恐るべきタイチーム!!)







2013年11月28日 (木) | Edit |
WRO2013世界大会


11/16,17WROの国際大会(インドネシア)において

roboticsXが世界第2位になりました。

まずは関係者の皆様に深く感謝致します。



ロボットの全国大会や国際大会に行くといつも感じるのですが、

応援や支援して頂いている関係者様・スタッフの方々・保護者様など

多くの方々の支えがなければ来れなかったように思います。

本当にありがとうございました。



今回、色々ありましてブログは控えていたのですが、

これから健忘録的にこれまでの努力の過程を書いて行きたいと

思っております。よろしくお願いします。

動画は決勝戦の2stトライアルです。






2010年11月11日 (木) | Edit |
WRO開会式2


11/5~11/7にかけてWRO 2010 世界大会がフィリピンのマニラで開催されました。

我がチーム育星舎「科学の学校」Robotics Kは小学生部門の日本代表として

出場しました。

[続きを読む...]
2010年11月04日 (木) | Edit |



11/5(金)フィリピンのマニラで開催される「WRO 2010 世界大会」に

向けた練習も今日で終わり。

上手くいっている面と、そうでない面がありますが生徒たちはよく頑張ってきました。

試合ではうまくいくかどうかは分かりませんが、

今までやってきたことをチャレンジしてほしいと思います。




[続きを読む...]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。