--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011年12月21日 (水) | Edit |
みんな頑張って描いたじっけんレポート「まとめグッドで賞」の
発表です。10~15分で描いたとは思えないほど
みんな上手です。(クリックすると拡大します)

まとめグッドで賞1 まとめグッドで賞2
(烏丸御池教室 小1 K.Kさん) (烏丸御池教室 小3 K.Dくん)

まとめグッドで賞3 まとめグッドで賞4
(烏丸御池教室 小5 U.Kさん)   (出町教室 中1 I.Rさん)




<小1K.Kさんのまとめノート>
水のエレベータのじっけん装置図がしっかりと描けています。
お湯は水よりかるいので上に上がっていく様子が色やガラス管の
通り道でわかります。
新しく使った道具もしっかり描けているところもGOODです。

<小3K.Dくんのまとめノート>
ポイントがしっかり詰まったまとめノートです。
気圧とは何か?日常における気圧、実験での確認が図と解説を
使ってわかりやすく描けています。
これは頭の中が整理できていないと描けません。

<小5U.Kくんのまとめノート>
非常にユニークなまとめノートです。おもしろく新聞風にし、
読む人を意識したまとめノートです。
何よりもこのまとめノートが良いところは
「何をじっけんしたのか」が一目でイメージできるところです。

<中1I.Rさんのまとめノート>
さすが中学生、ポイントがしっかり描けています。
光ファイバーの構造、光ファイバーと電線の違い、
全反射に関しての実験などなど。
これが理解できれば全反射は完璧です。


まとめグッドで賞に選ばれた人は賞状を
お渡しします。おめでとうございます。

まとめ賞状




























↓時間がありましたらクリックお願いします

にほんブログ村 教育ブログ 英才教育へ

にほんブログ村

















スポンサーサイト
2011年06月07日 (火) | Edit |
科学の学校では実験後いつもまとめノート(レポート)を

15分程度で書きます。みんなとてもがんばって書いてくれました。

その中でも特に上手なまとめノートを紹介したいと思います。

それが「まとめグッドで賞!!」なのです。

まとめグッドで賞20110606-5 まとめグッドで賞20110606-1


(クリックすると大きくなります)

左のまとめノートは小1の男の子が書いてくれました。

たのしそうにシャボン玉をしているようすがよくかけていますね。

シャボンえきの作り方もじゅんじょ正しくせつめいできています。

使った道具の絵ももれなくかけているところがグッドです。



右のまとめノートは小5の男の子が書いてくれました。

装置図・方法・結果・重要ポイントなどキッチリ書けていて100点満点です。

参考書にしても良いくらいきれいに描けています。

欲を言えば自分の考え(実験結果にどう思ったか)を書けば120点満点です。

それにしても良く描けていますね。


まとめグッドで賞20110606-3 まとめグッドで賞20110606-6


(クリックすると大きくなります)

次に行きましょう。左のまとめノートは小6の男の子です。

このまとめノートを見ていると身近なことに戻って実験している

ことがわかります。大切なことは科学の知識を学んだ後に、

身近に戻って考え直すことです。

その姿勢が伝わってくるこのまとめノートは素晴らしいです!!



最後に右のまとめノートは中2の男の子。

高校で習うコロイド粒子の定義を詳しく書いてくれています。

コロイドに関する豆知識も身近な話題でとても良いと思います。

さすがは中学生です。


まだまだ上手なまとめノートがあります。

またの機会に紹介したいと思います。























↓時間がありましたらクリックお願いします

にほんブログ村 教育ブログ 英才教育へ

にほんブログ村

2010年11月26日 (金) | Edit |
科学の学校では、実験終了後に10~15分でレポートを書きます。

それをまとめノートとよんでいます。

今回の選考基準ですが、

1 いつもしっかり書けていること
  (たまにしっかり書いてもダメ)

2 自分の言葉、考えで説明できていること
  (黒板を写しているだけではダメ)

3 だれが見てもわかりやすく説明できていること
  (まとめノートを見ればテキストはいらないくらい)



今回はみなさんよく書けていたので

選ぶのにたいへん苦労しました(これは本当です)。

それでは2010年度2学期のまとめグッドで賞の発表です。

[続きを読む...]
2010年10月13日 (水) | Edit |
 生徒たちは実験が終わったらその日の実験のレポートを書きます。そのレポートを「まとめノート」とよんでいます。生徒たちは10~15分くらいかけてまとめノートを一生けんめい書きます。そのまとめノートにはその子の特徴がでます。例えば、きっちり絵と説明を書く子、作文のように文章で書く子、またクイズ形式で書く子など、とても様々です。

 
まとめノート20101005-1まとめノート20101005-2
(↑クリックすると拡大します。)
 上のまとめノートは最近、科学の学校に入ってくれた小2の双子の女の子が書いたものです。とてもまじめな(少しまじめすぎると思うくらいの)2人で、まとめノートもだんだん上手になってきました。2人のまとめノートは似ているのですが、でも少しちがいます。左のまとめノートの子は、丁寧に図と説明を書いてくれています。小2ならなかなかのもの。右の子は、説明よりも見たものをしっかりスケッチしています。例えば、豆電球のフィラメントや電池の模様など。よくよく観察しなければ書けません。どちらのまとめノートも自分のスタイルで上手に書けていますが、双子でも発想がちがうんだな~と驚きました。いやもしかしたら双子だからこそ、日々お互いが切磋琢磨し、自分のスタイルをつくっているのかもしれません。そのスタイルを伸ばしていくのが先生の役目。これは重大ですね。






↓時間がありましたらクリックお願いします
にほんブログ村 教育ブログ 英才教育へ
にほんブログ村

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。