--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016年08月21日 (日) | Edit |
こんにちわ。科学の学校です。
お盆は明けましたが京都は残暑でまだまだ夏といった雰囲気です。


とはいえ学生さんもそろそろ二学期がスタートしている頃でしょうか。


夏休みの宿題が終わらずに叱られた、なんて子がいないか心配な今日この頃です。
科学の学校の生徒さんたちは皆さん優秀なのでそんな心配いらないか。


今年の夏といえば先日閉幕したばかりのリオオリンピックでしょうか。


日本選手団の活躍が目覚ましかったですね。毎日のようにメダルの報道を耳にしていました。


私も毎晩毎晩深夜までテレビにかじりついてしまい、
寝不足状態で仕事する日々でした。。
大好きなテニスの3位決定戦などは朝の5時近くまで錦織選手を応援しておりました。
サービスエースでナダル選手に勝った瞬間は1人で雄たけびをあげていました。。


そんな選手達の活躍を観ていて、
科学の学校が日々の実験で大事にしている事に通じることがあると思いました。


それは「生徒自身で実験を成功させる事」です。


どの競技でもメダルがかかった試合ではギアを一つあげたような盛り上がりを見せていました。
メダルを獲得した選手はそのような緊張感に包まれた場面で力を発揮できる人という事になります。


緊張して汗をかいたり手が震えたりするのは自律神経の働きが乱れるからです。
つまり大一番で力を発揮できる人は自律神経の乱れが少ないと考えられます。


自律神経系は無意識の制御ですからそれを直接鍛えるのは難しいでしょう。
間接的に鍛えるとしたら、それはやはり「成功体験の蓄積」だと思うのです。


何か成功するという時には、やはりその物事が成功するまで何度も経験する必要があります。
その繰り返しが緊張する場面への慣れとなるでしょう。


そうして成功を積み重ねていけば、
「自分には出来る」という気持ちを常に持てるようになるでしょう。


そしてこれはオリンピックという特殊な舞台に限った話ではきっとないと思います。


子供たちにとっては
学校での発表やテストでも十分緊張する場面になりえます。


科学の学校の生徒さんが日々の実験で、
「自分でやってみる、自分で考える、そうして成功体験を得る」
という課程を通し、大きくなったときに其々のフィールドで活躍される姿を是非みたいと思います。


その時にはきっと錦織選手がナダル選手に勝った瞬間よりも感動する事でしょう。
スポンサーサイト
2014年10月22日 (水) | Edit |
ノベルティ第一弾ノベルティ第二弾


現在「科学の学校」では、ノベルティグッズを作成しています。

第一弾がスッテカーです。

これは内部生のみなさんにプレゼント

する予定です。そして第二弾が缶バッチです。

この缶バッチは今後何かアンケートに答えて頂いた方や

作品を提出してくれた方にプレゼントいたします。

みなさん楽しみにしてください。


ところでこのノベルティグッズに描かれているのが

「科学の学校」のキャラクターです(名前はありません)。

このキャラクターはある生徒が描いた絵を

少しアレンジしたもので

かなり昔から使用させてもらっていますが、

アレンジを重ねていくうちに大分変わってきました。

(右となりのプロフィールが初代です。)



2014年05月07日 (水) | Edit |
MEGASTAR-IIB itami



ゴールデンウィークに伊丹市立こども文化科学館の

プラネタリウムを見に行ってきました。

私もあまりプラネタリウムに関して詳しく知らなかったのですが、

そこの科学館では、今年の3月に最新のプラネタリウムの

「MEGASTAR-IIB itami」が導入しました。

開発者は大平貴之さんで、プラネタリウム界の第一人者で

世界各国でもその機器を導入しているそうです。

日本全国の科学館でも導入しているみたいですが、

中規模以上のドーム型では関西では初めて。

大変綺麗で、天の川・北斗七星・黄道十二星座などが観察できました。

解説員による説明が、星について生解説してくれます。

科学館のマスコットキャラクター「ひょんたん」もひょっこり

出てきて、子供たちを盛り上げます。

伊丹空港から近いので、もし機会があれば行ってみてはいかがでしょうか?

伊丹市立こども文化科学館
http://business4.plala.or.jp/kodomo/index.htm



2014年03月31日 (月) | Edit |
佐々木先生お疲れ様でした。


4月は出会いの年であり、別れの年でもあります。

7年間「科学の学校」で講師をしていただいた佐々木先生が

昨年度をもって退官されます。

元技術者だった先生の授業はたいへん緻密で

私も教わることがたくさんありました。

数多くの生徒たちも佐々木先生の指導を受けて育っていきました。

「科学の学校」をお辞めになるのは大変残念ですが、

これからの先生のご健闘を心よりお祈りしております。

ありがとうございました。

科学の学校 講師一同より。





2014年02月28日 (金) | Edit |


1~3月は説明会&おたのしみ実験を開催しておりますが、
今回は特別に、幼稚園年長さん限定の実験イベントをおこないました。




巨大イカ

実験のスタートは、静電気の科学から。
乾燥するとおこりやすい静電気は、冬にもってこいの実験テーマです。
どのご家庭にもあるビニール紐が、なんと、いま話題のある海の生き物に・・・
そう、ダイオウイカです!
(どちらかというと宇宙生物っぽいですが・・・)




空飛ぶクラゲ

一生懸命、敵を倒してくれた後に登場したのは、
空中浮遊するクラゲ。
(これも宇宙生物っぽいですね)
ここで大事なのは、静電気には2種類あって、
同じ種類同志だから、反発し合うという所です。




たまご
次に、空気の実験。
手で押しても入らなかった卵が、空気の力でみるみる瓶に吸い込まれてしまいます。
あー、先生のお昼ご飯が取り出せない!
必死に取り出す方法を考えてくれますが、
実は瓶の中の空気に押してもらえばいいのです。
ポンっと飛び出す卵に、子ども達は大喜び。




マシュマロ
最後は、同じく空気の実験。
マシュマロが、特大のお得サイズに変身!
普段は何も感じない、空気の力の大きさを目で見て感じる実験です。




風船

おまけに、子ども達が大好きな風船をプレゼント。
こすって顔にくっつけて、風船人間になってもらいました。


子ども達にとって、科学の不思議な現象は、
まるで魔法を見ているような、心をときめかせるもの。
目をキラキラ輝かせて、
なんで? すごい! やりたい!! と声をあげてくれる姿は、
私たちのやりがい、そのものです。

熱中しすぎて疲れた様子の子ども達でしたが、
おうちに帰ってから、今度は先生になって、
弟さん、妹さんに科学の授業をしてくださっていたとか!
嬉しい限りです!!

今回の体験をきっかけに、
科学実験を身近に感じ、日常に隠れた様々な不思議に目を向けてくれれば、と願っています。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。