--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016年11月15日 (火) | Edit |
こんにちは。


「科学の学校」丸山です。


ご存じの方も多いでしょうが


11月14・15日は


「スーパームーン」を観ることが出来る日なのだそうです。


スーパームーンとは
月が地球に最接近している時に、満月や新月
なっている時の月のことです。


月は地球の衛星ですので
地球が太陽の周りを周っているのと同じように
月も地球の周りをぐるぐると周っています。


その軌道は楕円型なので地球と
近づいたり(35万7千キロメートル)
離れたり(40万6千キロメートル)しています。


27日周期で地球を1周するのですが


月が地球に最接近したときに
月・地球・太陽が一直線上にあれば、
月は満月もしくは新月になります。


これが「スーパームーン」です。
(ちゃんとした定義は曖昧です。いわゆる俗称というやつです。)


観測できれば、
こんなに幻想的な風景を楽しむことが出来るそうです。

supermoon-1
                                (出展:スーパームーンナビ


しかも2016年のスーパームーンは68年振りに最接近する
との事です。


京都での月の出をネットで調べ、


この目に焼き付けてやろう!
と期待していたのですが。。


昨日はあいにくの雨


今日も京都の空は厚い雲がかかっている様子です。




うーん、残念。。


只今PC作業の裏でひっそりと
ウェザーニュースの特別放送を流している所です。


雲の切れ間が少しでもあれば
観えるそうなので、


気になる方は
空模様をチェックしながら秋の夜長を過ごしてみるのはいかがでしょうか。

スポンサーサイト
2016年06月25日 (土) | Edit |
梅雨真っ只中です。

個人的にジメジメは大嫌いなのですが、梅雨時のアジサイを見つけた時は少し嬉しくなります。

アジサイは学名「Hydrangea」水の器というギリシャ語からきています。

まさに梅雨の花という感じです。

写真は北野学舎に咲いているものを撮ったのですが、紫の花だけでなく中心が緑がかったものや全体に青っぽいものもいます。




アジサイの色のベースはアントシアニンという紫色の色素です。

ただ、酸性の時に土中に溶けだすアルミニウムをアジサイが吸収し、アントシアニンと結合することで青味がかった色になるそうです。




逆にフランスなどアルカリ性の土壌ではアルミニウムは溶けださずに赤身がかった色になるのだそう。




日本の土壌は弱酸性の事がほとんどなので青系のアジサイをよく見かけるのですね。

科学の学校では液性に関する単元でよく指示薬としてアントシアニンを用います。




アジサイの美しい色合いとしても実験のお供としてもお世話になっております。


アントシアニン様様。




そんなことを考えながら過ごす梅雨のひと時です。




 

2014年05月12日 (月) | Edit |



コロイド溶液は高校生で習うので、

文系の人にはあまりなじみがないでしょうか。

コロイド溶液とは、直径1nm〜100nm(nm:ナノメータ)程度の

大きさであるコロイド粒子が溶けた溶液。

大雑把に言えば

分子やイオンなどより少し大きいコロイド粒子が溶けた溶液、

せっけん水や牛乳などがそうです。

この溶液だからこそ起こる不思議な現象のひとつ「ブラウン運動」

熱運動による分子などの衝撃により

コロイド粒子が不規則な運動をする現象です。

牛乳の粒子が微妙に震えているのが分かります。

限外顕微鏡でしか見れないと思っていましたが、

光学顕微鏡(✕400)でもブラウン運動らしい現象が確認できました。

(本当にブラウン運動だろうか?)

市販の牛乳を5倍程度に薄めプレパラートにセットし観察し、

光源は顕微鏡付属のライト(豆電球ぽい)で行いました。





2013年06月10日 (月) | Edit |
二酸化炭素発生


先週は調整休講日にてお休み。本日からまたじっけんのスタートです。

本日の小5の実験は、二酸化炭素を発生させて、性質を調べました。

生徒が良く言う発言に「CO2を発生させたら地球温暖化になるやん」。

まあ、それはそうなんだけれども


それはともかく、空気中の二酸化炭素濃度は約0.03%、

近年、濃度が上昇し約0.04%だそうです。

窒素や酸素と比べるとほんのわずか。

たったわずかな量で、地球温暖化に影響を与えるなんて

恐るべきCO2ですね。


空気中の二酸化炭素濃度は南極の氷の中に閉じ込められた

空気から測定するとのことです。

南極の氷も地層のような層を作っていて、年代がわかるようです。

参考動画はコチラ




















↓時間がありましたらクリックお願いします

にほんブログ村 教育ブログ 英才教育へ

にほんブログ村
2011年08月09日 (火) | Edit |



最近ではyoutubeなどの動画サイトが広まり

海外で行われている実験動画を見ることができます。

その一つにジェファーソン研究所のHPがあります。



ジェファーソン研究所とは

トーマス・ジェファーソン国立加速器施設を

持つアメリカの研究機関であり、原子物理学を

研究しているとのことです(HPの説明そのまま。。。)。

Jefferson Labはこちら
http://www.jlab.org/



そのHPの項目に教育(EDUCATION)があり、

そのページにはたいへん楽しい実験動画があります。
(youtubeのJefferson Labチャンネルでも視聴できます)

おそらく研究所が教育の一環として行っているのだと思います。

実験動画集はこちら
http://education.jlab.org/frost/

原子物理学が専門なのですが、

液体窒素(liquid nitrogen)を使った実験が多いのは

なぜでしょう?(おもしろいから、まっいいか!)



[続きを読む...]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。