--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016年11月15日 (火) | Edit |
こんにちは。


「科学の学校」丸山です。


ご存じの方も多いでしょうが


11月14・15日は


「スーパームーン」を観ることが出来る日なのだそうです。


スーパームーンとは
月が地球に最接近している時に、満月や新月
なっている時の月のことです。


月は地球の衛星ですので
地球が太陽の周りを周っているのと同じように
月も地球の周りをぐるぐると周っています。


その軌道は楕円型なので地球と
近づいたり(35万7千キロメートル)
離れたり(40万6千キロメートル)しています。


27日周期で地球を1周するのですが


月が地球に最接近したときに
月・地球・太陽が一直線上にあれば、
月は満月もしくは新月になります。


これが「スーパームーン」です。
(ちゃんとした定義は曖昧です。いわゆる俗称というやつです。)


観測できれば、
こんなに幻想的な風景を楽しむことが出来るそうです。

supermoon-1
                                (出展:スーパームーンナビ


しかも2016年のスーパームーンは68年振りに最接近する
との事です。


京都での月の出をネットで調べ、


この目に焼き付けてやろう!
と期待していたのですが。。


昨日はあいにくの雨


今日も京都の空は厚い雲がかかっている様子です。




うーん、残念。。


只今PC作業の裏でひっそりと
ウェザーニュースの特別放送を流している所です。


雲の切れ間が少しでもあれば
観えるそうなので、


気になる方は
空模様をチェックしながら秋の夜長を過ごしてみるのはいかがでしょうか。

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。