--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2017年01月10日 (火) | Edit |
 皆様こんにちは。
「科学の学校」丸山です。


1月6日から3学期の実験がスタートしております。
今日は4年生のテーマについてすこしご紹介します。


4年生の3学期最初のテーマは「デンプン」です。

私たち人間を含めた動物は
体に必要な栄養のほとんどを食べ物から手に入れます。

その中でも特に、
「三大栄養素」と呼ばれるものがあります。


一つは体のエネルギーになる「炭水化物」
一つは体を作る「タンパク質」
もう一つはエネルギーを貯金する「脂肪」

なのですが

この炭水化物の正体が「デンプン」なのです。
(正確にはデンプンは炭水化物の一つというべきですが、
それは後のテーマで明らかになっていくのでここでは伏せます)

最初はデンプンがどんな食べ物に入っているのかを調べました。

赤茶色のヨウ素液をデンプンを含むものにかけると
みるみるうちに青紫色に変色します

デンプンしらべ 

調べた食品はなんと14種類!

最後はどんなものにデンプンが多いのかを考えます。

私たち日本人の主食であるお米!

西洋の多くの国で主食はパン等小麦をつかったものです!

南米なんかではおイモが主食!

お猿さんはバナナが主食です!

皆が一番食べているものは、
デンプンがたくさん入っている食べ物でした!

次回はこれらの一部からデンプンを取り出してみます。
乞ご期待!

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。