--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014年07月26日 (土) | Edit |
ロボカップジュニア2014世界大会 #1

Robocup junior 2014 Joao Pessoa Brazil the first day

緊張しながら当日を迎える。
黒いオリジナルTシャツを来て、試合に臨む。
全7レース。7レース中、6レースの
良い点数を合計する。

一日3試合のタフな一日。
初日ということでコースは簡単。
満点を取れるかと思ったが、そうではない。

1回目はライトセンサの不具合等あり、2ミス。(365点)
2回目は障害物が越えられず、ダメダメ。(320点)
3回目は加速度センサーの数値が適切でなく、坂クリアせず。(340点)

競技は日本大会と違って、初見で行なう必要があるので
フィールドに対するロボットの相性は試合後分かる。
3フィールドとも相性最悪。

最悪なロボットの日。天狗になっていた鼻を
へし折られたような気分。
このよどんだ空気、悪い流れをどう変えるか?
この間のサッカー日本代表の気持ちを少しわかった気がした。
前向きに気持ちを切り替える。
これまでやって来たことをやる。
客観的に物事をみる。
・・・・それしかやることがない。

すぐ帰って、12時までホテルで練習する。
みんな体力的にも精神的にもかなりキツイ。
この日からみんなの頭から世界1位の文字は消えていた。

追伸:この日、突然今回の世界大会のレスキュー審判をやって欲しいと
依頼されました。
生徒が戦っているのだからと私もと思い一応お受けしました。
ただこの日ボランティアスタッフが十分いたので回避。
日本大会ですら審判していないのに、そんな無茶ぶりってあり?






コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。