--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014年07月26日 (土) | Edit |
ロボカップジュニア2014世界大会 #2

Robocup junior 2014 Joao Pessoa Brazil the second day

生徒達は5:30に起床し、ホテルで朝練習。
2日目は更に難しいコースが予想される。
今日も3レース、昨日が悪かった分、今日は本当に落とせない。
気分を変えるために、本日はWRO日本代表のTシャツで臨む。

しかし朝食もタクシーの中もよどんだ空気。
2人とも自信喪失ぎみ。
これをどうすれば、この雰囲気を吹き飛ばすことが出来るのだろうか?
みんなで歌でも歌うかー!

会場に着くと、昨日の得点表が掲示。
合計点で30チーム中7位?くらい。
思っていたより上位にいる。
しかし昨日全て満点だった1位のNorth and South Federal(中国)とは
130点離れている。ハハハ笑うしかない。

4回目 またもダメダメなレース。加速度センサー初期化状態あらず、
EOPDセンサーがコースに貼っている紙に反応し、缶取れず。(310点)
5回目 1ミス。(415点)
6回目 2ミス。(390点)

4回目は一番最悪だったが、5回目から少しづつ好転して来た。

得点表


この日の夕方、現在までの得点表が出ました。
1位 North and South Federal(中国)2365点
2位 Positronics(ブラジル)2285点
3位 Neutrinos(ドイツ)2215点
……
6位 robotics X(日本)2145点

我がチームrobotics X(日本)は現在総合6位。
メダルの3位までは70点位差がある(2位とは140点差)。
あー遠い...。
セカンダリーだけあって、みんな点数を落としてこない。
残りは最終1レースのみ。
明日はとても難しいコースでパーフェクト近く得点を出さないと、
メダルは難しい。

生徒達と再確認。
変にプログラムを変更することはしないで、今まで通り行おう。
どうせ付け焼き刃な変更はミスを生むだけだから。

この後、ジュニアパーティーに参加して、10時ごろホテルに
タクシーでホテルに帰宅しました。
疲れ過ぎて寝るのみでした。

追伸:
国際大会審判デビューしました。
現地のボランティアスタッフが遅刻の為、急遽参加。
副審だったけど、いい経験させていただきました。
竹間様に感謝。





コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。