--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010年10月21日 (木) | Edit |
ネオジウム


このごろ新聞やテレビでよくでてくるレアメタル。

名前の通り希少な金属ですが、実験でよく使います。

そのレアメタルとは、、、ネオジウムです。

ネオジウム(正式名称はネオジム)とは原子番号60、元素番号Ndの

希土類元素(レア・アース)。

その化合物(ネオジウム+鉄+ホウ素)はたいへん強力な磁石になるので、

携帯電話や自動車のモーターなどに利用されているそうです。

文房具店にも強力磁石として売られています。




中1の実験「磁性の科学」ではこの強力な磁石を使い、物質の磁性を確認します。

磁性とはその名の通り、磁石にくっついたり、離れたりする性質であり、

どんなものにも備わっているといわれます。

あらゆるものになぜ磁性がそなわっているかという難しい説明はさておき、

気体・液体・固体のいずれであっても、磁性があるのです。

身近な水は、強い磁気に反発する性質があり、

その性質を反磁性(はんじせい)といいます。




2010年ノーベル物理学賞を受賞したアンドレ・ガイム博士は、

2000年にカエルを生きたまま磁力で浮かせる実験で

イグ・ノーベル賞も受賞しています。

カエルの体内に含まれる水が反磁性のため、

磁力に反発し、浮かぶことができるとのこと。

人間でも浮くことが出来そうですね。


磁気浮上







↓時間がありましたらクリックお願いします
にほんブログ村 教育ブログ 英才教育へ
にほんブログ村







コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。