--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010年10月23日 (土) | Edit |



もう昨年になりますが、この当時もWROの練習に切磋琢磨していました。

「ロボットがスタートし、途中で100個のピン球からできるだけ多くとり、

ゴールで止まる。」

こんなルールはめちゃくちゃだと思っていましたが、

あれよあれよと形になりました。

子供たちの想像力、実行力にはおどろきです。

とはいっても長い道のりだったですけど。



このロボットを造った彼らはもう高校生になりましたが、

5年間共にロボットの練習に励んできました。

彼らの特筆すべき点は「自主的に物事を進める」ことでした。



○ ロボット競技のルールを熟読

○ youtubeで色々なロボットを研究

○ パソコンや材料の管理

○ 必要な小道具は携帯バックに。など



先生が特に教えることもありませんでしたし、

一緒に練習をしていてとても楽しく感じていました。

ロボットだけではなく、勉強も実験も自主的にやらないと

積みあがっては行かないことがよくわかり、勉強になりました。








↓時間がありましたらクリックお願いします
にほんブログ村 教育ブログ 英才教育へ
にほんブログ村






コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。