--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010年12月10日 (金) | Edit |



小1のじっけんも2学期は今日で最後!

今日のおたのしみ実験は、生徒の希望で

「緑色の焼きそば」を作りました。

「きもちわるい」「たべてだいじょうぶなの?」などの声もありますが

心配ご無用!大丈夫です。

まずなぜ焼きそばが緑色になるのかを説明しましょう。


1学期に「むらさきキャベツの科学」をしたのをおぼえていますか?

むらさきキャベツはふしぎな液で

①すっぱいものに入れると「赤色」

②にがいものに入れると、

すこしにがいものは「青色」

にがいものは「緑」

めちゃくちゃにがいものは「黄色」

③それ以外のものは「むらさきのまんま」でした。


「赤色」なるものを酸性(さんせい)

「青、緑、黄色」のいずれかの色になるものをアルカリ性

「むらさきのまんま」でかわらないものを中性(ちゅうせい)

といいました。

むらさきキャベツ色の変化
めんをつくるときに「かんすい」というものを使います。

この「かんすい」はアルカリ性のため、

焼きそばにむらさきキャベツやその汁を入れると

緑色にかわるのです。


最後にソースをかけると、元に戻ってしまいます。

なぜなら、多くのソースは酸性(くだものなどが入っている)だからです。

今日は塩焼きそば用のソースを使って緑色のままで頂きましょう。

できあがりはこんな感じです。

緑色の焼きそば

また3学期にお会いしましょう。それではよいお年を!!












↓時間がありましたらクリックお願いします

にほんブログ村 教育ブログ 英才教育へ

にほんブログ村

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。