--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011年08月09日 (火) | Edit |



最近ではyoutubeなどの動画サイトが広まり

海外で行われている実験動画を見ることができます。

その一つにジェファーソン研究所のHPがあります。



ジェファーソン研究所とは

トーマス・ジェファーソン国立加速器施設を

持つアメリカの研究機関であり、原子物理学を

研究しているとのことです(HPの説明そのまま。。。)。

Jefferson Labはこちら
http://www.jlab.org/



そのHPの項目に教育(EDUCATION)があり、

そのページにはたいへん楽しい実験動画があります。
(youtubeのJefferson Labチャンネルでも視聴できます)

おそらく研究所が教育の一環として行っているのだと思います。

実験動画集はこちら
http://education.jlab.org/frost/

原子物理学が専門なのですが、

液体窒素(liquid nitrogen)を使った実験が多いのは

なぜでしょう?(おもしろいから、まっいいか!)



紹介した動画バンデグラフ(Van de Graaff generator)

実験です。バンデグラフは20万ボルトという高い電圧を

発生させる静電気発生装置です。

電圧が高くても、電流が少ないので触っても死にません。

髪を逆立てたり、青い電光を出したり、

演出もたいへん上手です。

特に印象的で勉強になったことは、電位差について一生懸命

説明されていたことでした。(バンデは20万V、地面は0V)

一度参考に小5の授業で説明してみます。

バンデグラフのじっけん

バンデグラフ実験の写真:髪の毛がよく逆立っていますね。)































↓時間がありましたらクリックお願いします

にほんブログ村 教育ブログ 英才教育へ

にほんブログ村
コメント
この記事へのコメント
こんばんは。この研究所は興味深い記事や動画を上げていますねぇ。個人的には、動画の中でも、液体酸素vs炎がすごく面白い実験だと思いました。液体の中で炎が燃えるなんてとても新鮮ですね。
2011/08/09(Tue) 20:36 | URL  | suiu #DyttvPNA[ 編集]
suiuさん

こんにちは。確かに液体酸素の実験はたいへん珍しく面白いですね。アルコールが燃える様子とは全く違って、助燃性の性質が見れますね。
2011/08/10(Wed) 09:15 | URL  | koaratakun #frUh5rcM[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。