--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011年09月03日 (土) | Edit |




中3の授業でテルミット反応をしました。

テルミット反応ってなに?

例えば酸化鉄の粉末とアルミニウムの粉末をまぜて、

火を着火すると、アルミニウムが酸化鉄の酸素を

うばって鉄ができる反応です。

この反応は高校生で習います。


酸化還元という化学反応で下記のような反応で進行します。


 Fe203  +  2Al  →  Al2O3  +  2Fe

(酸化鉄) (アルミニウム) (酸化アルミ) (鉄)


アルミニウムは酸化され(還元剤)

酸化鉄は還元されます(酸化剤)


この反応は花火のように、激しく火花が

飛び散るので生徒たちに好評です。

また、粉末から鉄を作ることができるので

まるで錬金術のようで不思議です。

これがテルミット反応によってできた鉄です。

(もちろん磁石にひっつきます)

テルミット反応で生成した鉄

































↓時間がありましたらクリックお願いします

にほんブログ村 教育ブログ 英才教育へ

にほんブログ村







コメント
この記事へのコメント
いつも拝見しております。小・中学生に高校の科学を実演するなんて、本当に素敵ですね。私も久々に化学分析や実験をしたくなりました。
2011/09/03(Sat) 21:13 | URL  | suiu #DyttvPNA[ 編集]
suiuさん

こんにちは。
コメントありがとうございます。テルミット反応は結構簡単な反応で生徒たちにイメージしやすいですね。昔、何も実験もせず、暗記するために教科書と格闘していた自分がなつかしいです。
2011/09/05(Mon) 14:43 | URL  | koaratakun #frUh5rcM[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/08/04(Sat) 04:20 |   |  #[ 編集]
Re: タイトルなし
> はじめまして。小3の息子が砂鉄の研究を去年からしています。
> たたら製鉄を見に行き、自分でもやってみたいといいだしたのですが、それはむずかしく、色々検索していたらここにたどりつきました。
> もし、よろしければやりかたを教えていただけませんか?よろしくお願い致します。

こうさん。はじめまして。コメントありがとうございます。
テルミット反応の実験ですが結構簡単にできますが
高温の火花が出ますので注意する必要があります。

実験方法は酸化鉄(?)8gとアルミニウム粉末3gを混ぜ
三脚にセットした(予め水に湿らせた)ろ紙に入れます。
三脚の下には生成した鉄を受け入れるための
水の入れたビーカーや桶をセットしておきます。

粉末にマグネシウムリボンを立て、そこに着火すると
動画のように反応します。湿気が多いと着火しにくいので
気をつけて下さい。
2012/08/09(Thu) 10:44 | URL  | 科学の学校 #-[ 編集]
ありがとうございます。

マグネシウムリボンが必要なのですね。
させてあげたいですが、難しいですね。
でもさっそく検索してみたいと思います。
ありがとうございました。
2012/08/15(Wed) 00:57 | URL  | こう #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。